スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ-分権委(時事通信)

 政府の地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)は19日、最終会合を開き、4次にわたる同委勧告の中身を早急に実現するよう政府に求める声明を発表した。記者会見した丹羽委員長は「新政権になっても(改革の)スピードが遅いのではないか」と述べ、地方分権の達成を急ぐようクギを刺した。
 声明では、国が地方の業務を縛る「義務付け」改革について、鳩山内閣が勧告通り見直したものは少ないと指摘。国の出先機関改革でも、職員3万5000人削減を求めた同委勧告は「大前提だ」と強調、具体的な検討着手を求めた。
 同委は安倍政権下の2007年4月に地方分権改革推進法に基づき発足。設置期限の今月まで計99回会合を開き、第1、2次勧告を自公政権に、第3、4次勧告を鳩山政権に提出した。 

【関連ニュース】
来月の政労トップ会談で調整
主要検討項目に担当主査=地域戦略大綱、6月策定へ
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で
道州制に否定的=「地方分権の試作品」
ハローワークは移管対象外=国の出先機関改革で

追加経済対策の進言に理解=「しっかり手を打つことは大事」-首相(時事通信)
<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)
<原口総務相>参院総務委に5分遅刻(毎日新聞)
自宅アパートを検証=女性会社員遺棄事件-福岡県警(時事通信)
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い-大阪(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。