スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑務官8人を不起訴=腹痛訴えた受刑者死亡-大津地検(時事通信)

 腹痛を訴えた男性受刑者=当時(56)=に適切な処置をせず死亡させたとして、業務上過失致死容疑で書類送検された滋賀刑務所の刑務官8人について、大津地検は5日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。地検は「過失を認定するに足る証拠がない」としている。
 受刑者は2007年9月に急性腹膜炎で死亡。滋賀県警は昨年6月、十二指腸かいようを患っていた受刑者から複数回、腹痛の訴えがあったのに医師に診せるなど適切な処置をしなかったとして、8人を書類送検していた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
副看守長ら4人、二審も有罪=死傷との因果関係認める
「獄中で暴行、迫害受ける」=金嬉老元受刑者の手紙公開
刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検
わいせつ行為、刑務官を再逮捕=男性受刑者に再三強要

「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)
小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(読売新聞)
下着盗み続けて10年…トラック運転手逮捕(スポーツ報知)
<米国務次官補>普天間協議「柔軟に」…現行計画ベスト不変(毎日新聞)
官房機密費、4月から検証=公表範囲を仕分けへ-平野官房長官(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。